無料で不用品を処分できるダンボール回収サービス

不用品が溜まった倉庫やオフィスで業務をすると、スタッフのパフォーマンスが落ちる可能性があります。ダンボール箱や大量の古紙が山積した現場では、ケアレスミスが増えやすい傾向にあります。ネットショッピングで備品や商品を取り寄せると、自然とたくさんの空き箱が溜まるものです。ごく少量であれば、家庭から出す古新聞のように、廃品回収をしてもらえばいいでしょう。しかし、倉庫やオフィスに大量の空き箱や古紙が山積していると、処分するのは困難です。

不用品を大量に廃棄すると、多額の改修費用が掛かると思っている人も多くいます。その点が気掛かりでずっと古紙や空き箱の処分を先送りしてきたという人もいるでしょう。まとめてお得な方法で不用品を手放したいのであれば、ダンボール回収を無料で行う業者を活用する方法があります。

古紙回収を行っていてリサイクルに特化した専門会社があり、そちらに相談すれば不要な空き箱や山積した紙類を引き取ってもらえます。一度に大量のダンボール回収や古紙の引き取りを依頼しても、基本的にコストはかからず無料で対応してくれます。一般的なネットショッピングの箱はもちろん、いわゆるシュレッダーゴミも引き取ってもらえますから、企業にとっては、非常にメリットの大きい処分方法と言えます。

ダンボール回収を無料提供する会社では、他にも機密文書の回収なども引き受けてくれます。電子化などで、不要になった大量のビジネス文書や契約書、自社の資料などは、専門会社に相談して、安全な方法で処分することが大切です。溶解処理にて、機密性が高いビジネス文書を適切に処分代行してくれます。この処理方法はシュレッダーで廃棄する場合に比べて、非常に安全性が高く、社外秘のデータや個人情報が印刷された文書を大量に廃棄する際にピッタリです。溶解の証明書を発行してくれる専門会社なら安心感が持てますし、社内のスタッフが現場に立ち合うのが可能であれば、さらに信頼性が持てるでしょう。

企業のほかにも、無料のダンボール回収の会社を利用しているところには、役所や公共施設などがあります。一度に複数の紙類の不用品が手放せるので、倉庫をリフォームしたい場合や、オフィス移転が決まり要らない物をまとめて処分したい時に大変便利です。企業だけでなく個人でも気兼ねなく利用できる上、定期的な回収にも応じてもらえます。こちらが指定した日時に、依頼した場所に来てくれるため、手間もかかることなく処分可能です。

新着情報

2021年05月20日
ホームページを更新しました。